読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30日で家を捨てる

夫婦で家を捨て、移動生活をしています。超ミニマリストの日々の記録

もらってくれる人がいる幸せ (あと1日+延長戦10日)

今回のイエステ企画おうち
かなーりたくさんのものを手離してるけど、
実際ゴミとして捨てている量は
意外と少ないワタシあざらしです。

ジモティー、メルカリなどで
有料、無料含めたくさん取引させてもらってます。キラキラ

捨てる、となるとすごく罪悪感が生まれ踏ん切りがつかないけど、
他に喜んで使ってくれる人がいると思うと
気楽に手放せる。音譜

すごくありがたいキラキラ
いい時代やなぁ〜ラブ


私の母は、
両親の遺品整理に頭を悩ませてます。

元々モノを捨てれないタイプの母。
その上、自分の親の遺品を捨てるなんて、
すごくツライ作業だと思う。ラブ

フネ「これはおばあちゃんが大事にしてたものやから、、、
邪魔やけど、捨てれへん、、、」

 
あざらし「捨てなくても、意外と欲しい人いるかもやでー?」

だめ元で、ゼロ円引取を多数出品。


ふるーいテレビや




おばあちゃんが使ってたソファや



おじいちゃん自慢のステレオセット。



フネ「こんな古いもの、欲しいひといるんかいなぁ。。。」

母の心配をよその、
レトロで可愛いと大人気!!

ぜひ欲しい!と複数人が取り合いガーン

そして、本日無事、引取完了しました〜


フネ「めっちゃ礼儀ただしいお兄ちゃんが来て、喜んで持って行ってくれたわっ!
最近京都に古民家を買って、
そこに合うものを探してたんやって。
使ってもらえるなら、嬉しいわぁ〜」

と、めちゃ安堵してました。おねがい

人は欲望でモノを欲しくなるのに、
モノがあると、モノに縛られる。

無理に自分が保管しなくても、
他に喜んでもらってくれる人がいる!

それを知って、母は重荷から開放されたようです。ニコニコ