読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30日で家を捨てる

夫婦で家を捨て、移動生活をしています。超ミニマリストの日々の記録

駐車場もおじいちゃんからシェアリング

お引越し翌日。
 
今月のお家は駅チカだけど、落ち着いた住宅街。
お昼間にゆっくり探検、お散歩するのが楽しみ。ニコニコ
 
問題が1つ。
駐車場代が高い!!滝汗
 
最寄りの駐車場に勘違いして止めてたら、翌日の駐車料金1,500円。
24時間500円のパーキングもあるけど、なんだかんだで手間もかかるし、
なにより24時間以上止めたらえらいことになるし・・・
 
んーむ。。。ショボーン
 
「家のすぐ近くにこんなんあったで

f:id:azarashi3:20170312174032j:plain

「おー!なにこれ!」
 
ちょっと写真で分かりにくいけど、
フツーのお家の玄関駐車場に、立て看板が!
 
家の暗さと、なぜか子供用の自転車、
段ボールに「ガレージ貸します」の文字。
色々謎ですが、家から駅方向に徒歩30秒というとてつもない好条件。
 
とりあえず看板のご自宅に突撃
 
ピンポーン
「すいませんー。駐車場の看板見たんですが、、、」
 
ステテコ姿のおじいちゃんが奥から出てきて、
「・・・・えぇ???(耳が聞こえてないらしい)」
 
お、おやすみのところスイマセン
 
お隣に住んでる大家さん?親戚?のおばさんを呼んでくださり、
短期間だけ駐車場を借りたい。とお話をさせてもらいました。
 
道幅狭いので、まずは止めれるかチェック。車
おじいさん、おばさんが応援してくれる中、駐車レッスン(笑
 
「あっちから、こう入って、ぐるっといれるんやー」
「うちの息子は、向こうから入れてたでー」
「車止め設置してあげよう。そしたら安心やー」
と皆様にご協力いただき、無事実験終了。
慣れるまで苦労はするけど、家のめちゃ近くで、安くで、ほんまありがたいです。
 
短期間だし契約書もなし。
「適当でええけど、いるんやったら書いてー」とメモ帳を出してくださり、
領収書をセルフ作成。
 
うん、ええかんじ。
 
こういう個人対個人のシェア、素晴らしい!
若い人はSNSなどを介して、シェアや個人売買の文化も広まってるけど、
ほんとに家や土地を持て余しているのは、
年配の人のほうが多いんじゃないかな。
 
 
移動するなかで、地元の方とこんな交流も広がるといいな。